書籍・DVD販売

【書籍】~あなたの会社を30年後につなぐ~売れ続ける仕組みづくり

【書籍】~あなたの会社を30年後につなぐ~売れ続ける仕組みづくり

私たちの保険代理店が30年後にも存続するために、お客さまから支持され安心して相談できる保険の専門家として必要とされる存在になるにはどうしたらいいのでしょうか。

代理店経営の視点でそのことを考えたとき、その一つの答えが「いかに売れ続ける仕組みづくりをするか」ということです。

本書では、この「売れ続ける仕組みづくり」を、「地域密着と差別化による販売戦略」「常にお客さまから相談がくる営業手法」「信頼関係を構築する営業スキル」の3つの柱に分け、戦略と戦術の観点から分かりやすく解説しています。

「地域密着と差別化による販売戦略」の実現のためにはランチェスター戦略という手法を、「常にお客さまから相談がくる営業手法」の実現のためには循環型セールスという手法を推奨しており、その具体的な進め方についても詳しく解説しています。

この本が業界関係者、とりわけ保険代理店の皆様や保険会社の営業担当社員の皆様のお役に立てば幸甚です。あなたの会社を30年後につなぎましょう。

ご購入はこちらから

【DVD】代理店ブランド構築への挑戦~5年間で取扱保険料が2倍、営業生産性1750万円をかなえる「循環型セールス」の実践~

【DVD】代理店ブランド構築への挑戦~5年間で取扱保険料が2倍、営業生産性1750万円をかなえる「循環型セールス」の実践~

(出演:株式会社KTN綜合保険サービス 代表取締役 西 信勝)

売れ続ける仕組みづくりのヒントがここにある!

顧客との関係強化に努めることで、お客様が保険に加入したいと考えたときその代理店に照会がくるという流れを作るのが循環型セールスで、同社ではこの手法をもとにした代理店ブランド構築の実現に邁進しており、顧客本位の代理店経営のモデルとして着実に成長を遂げている地域密着型のプロ代理店です。さらに、給与制度も歩合給制度から完全固定給制度への変革を図っており、完全固定給制度で成果があがる組織化のヒントがここにあります。

■本DVDをご覧いただきたい方

以下のような展開を図りたい保険代理店におすすめです。

  1. 組織化を図り、代理店として地域に根ざしたブランド構築に挑戦したい
  2. 顧客接点において差別化を図り、お客様から相談がくる体制を構築したい
  3. 営業手法の品質向上とプロセスの標準化を図りたい
  4. 従業員教育や人材採用を強化したい
  5. 永続的に発展できる経営モデルを導入したい
  6. 循環型セールスを導入し、浸透定着を図りたい

【出演代理店データ】
業績は損保一般収保3億円。生保は取引生保会社 全社の表彰基準を毎年達成!
人員は営業スタッフ4名と事務スタッフ2名の計6名。
営業スタッフ1名あたりの生産性は1750万円。(生保含む)

ご購入はこちらから